医療を経営するならコンサルティングの意見を聞こう

治療院をオープンしよう

施術

オープンに必要な事とは

病気や怪我をすると、病院で治療を受けますが、病院以外でも治療を受ける事ができます。実は整骨院でも治療を行っており、治療内容は病院とは違って、手術や薬の処方は行わず、主に手技で治療を行っていきます。必要となる資格は、柔道整復師の国家資格であり、骨折をはじめ打撲や脱臼などの治療が基本です。他にも、捻挫や挫傷などの治療も行なっています。柔道整復師の資格を取得すれば、開業する事ができるようになります。資格取得後、数年他の治療院で経験と実績を積み、独立している治療家は沢山いるのです。整骨院を開業するためには、まずは国家資格取得し、経験を積むようにしましょう。開業する方法ですが、まずは、開業や経営についてのセミナーに参加する事がおすすめです。柔道整復師の技術や知識を持っていても、経営についての知識がないと、長く続けていくことが難しくなるからです。そして開業資金の調達です。店舗、備品、広告費など開業するためには、様々な費用がかかります。自分で想像しているより、3倍かかると言われているため、資金は余裕を持たせる事が大切です。資金調達したら、今度は店舗を探しましょう。整骨院といっても客商売なので、駅前など立地条件が良い場所の方が、集客を見込む事ができます。そして備品をそろえていきます。最近では、居抜き物件が人気となってるので、以前整骨院を開業していた物件を見つける事ができれば、備品もそろっている事が多いため、探してみましょう。そして、開業するためには必要書類の提出も必要なので、開業してから10日以内には、必ず保険所に施術所開設届を提出します。